バッティング上達には素振りが欠かせない?

バッターの練習に欠かせないことといえば、何と言っても素振りですね。一流選手であっても素振り練習を怠ることはしません。
では、素振りが必要なワケとは一体何でしょうか?
素振りで身に付くことは、大きく挙げて3つあります。
1つ目は筋力トレーニングです。野球に使うバットは重いため、素振りを続ければ筋力トレーニングになります。また、スイングするスピードも早くなるため、得られるメリットが大きいのです。
筋力トレーニングをするなら、素振りを取り入れましょう。

 

また、無駄な力が入っていると良い打球に繋がりません。無駄な力を入れないためには、どうしたら良いのでしょうか?
素振りは何回も続けていると、疲れてきて力が入らなくなります。しかし、その状態が無駄な力が抜けた状態なのです。スイングに力が入らず無意識に疲労を避けるため、不必要な動きがなくなります。そのときこそ無駄な力が入らない理想的なスイングになります。

 

次に、イメージトレーニングです。バットを振って素振りの練習をするとき、打席に立っていることをイメージします。何回も素振りをしていると、球種によって振り方を変えるイメージができます。苦手なコースをイメージし、素振りしながらトレーニングをしておけば、打席でも同じようにスイングできるでしょう。

 

その他にも野球が上手くなる練習方法はたくさんありますので色々試してみましょう。